トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004/12/31

踊る大捜査線第3話@再放送

3話目にして、ようやく見覚えのあるオープニングに。

勝どき署との確執は、ここからだったんだなぁ。

山下巡査が、いいですね〜。『踊る』女性陣の中では、実は一押しです。
まさか映画で、○○とあんな展開になるとは、この頃夢にも思ってなかったですが。
しかも、なんかまるで、その伏線のようなシーンがあるとは!(深読みし過ぎですけど)

建設官僚の息子役は、橋幸夫の息子というのは、ちょっとしたトリビアネタ。

踊る大捜査線(2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踊る大捜査線第2話@再放送

うわ〜、篠原涼子ハマってる〜。
ゲストとしてはもったいないな〜。(別話でも出てるけど)

まだこの頃はオープニングが出来てなかったんだなぁ。全然覚えてないや。

カエル急便のミゼットIIのプラモデル持ってるんですけど、そんなにプレミアはついてないみたいみたいですね、、、。(いや、手放す気はないのでいいんですけど)

それにしても、椅子に爆弾はやっぱり『リーサルウェポン』。(あっちは便器でしたけど)
まぁ、あっちは勢いで乗り切って、こっちは爆弾処理班まで出てきて中身は全然違いますけど。

犯人が伊藤俊人さんだ・・・。
先日見た『王様のレストラン』もそうでしたが、見る度しみじみしてしまいます、、、。
やっぱり亡くなるには早すぎるよなぁ、、、。

踊る大捜査線(2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツケンサンバ@紅白

とりあえず、紅白はパスでしたが『マツケンサンバII』だけはチェック。

普段はカツケンサンバばかりで、本家を映像で、しかも歌を通して聴いたのは初めてかも。
多分、自分と同じような人は、沢山いそうな気がする・・・。

歌の内容は、なんかそれほど大した内容じゃないですね。
ただあの雰囲気とマツケンが軽やかに踊る様は、確かに一見の価値ありですね。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゾウとおじさん@ドラデミー賞

今年の紅白は、聴きたい曲に乏しいという事もあって、スルー。

なので、ドラえもん。
どれも全然知らない話ばかりなんですけど、『ゾウとおじさん』は原作もよく知ってるし、アニメの方も、昔、リアルタイムで見た気がする。

ちょっとホロホロとしてしまいました。
どうせなら、ドラでミー賞と映画の賞を引っ掛けているのだから、映画原作の『台風のフー子』とか『のら犬「イチ」の国』とかも、やってくれれば良かったのになぁと思ってみたり。

それにしてもドラミちゃんは、いつ見てもよくデキた妹だ〜。
どんな秘密道具よりドラミちゃんだな、やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

踊る大捜査線最終話@再放送

とうとう最終回。
途中、さりげなくエンディングの伏線が挿入されていて、ニヤリ。

シリーズ後半は、面白いものの、忘れてるような突っ込みどころは少ないなぁ。
まぁ、何かのネタをダシに話を作っていれば、オリジナリティなんてものは無くなってしまうので、後半ある程度、真面目に話が進むのは『踊る』ブランドを確立するには大事ではあるかなと。
(とはいえ、個人的に一番好きなエピソードは、ただドタバタやってるだけの『歳末特別警戒スペシャル』なんですけどね)

ラストの吉田のおばあちゃんが、原ひさ子さんだったのは、ナイスチョイス!
自分の中での、日本のおばあちゃんと言えば、原ひさ子をおいて他にはないかなと。

朝からぶっ続けで見てしまいましたが、今見てもやっぱり面白さは変わってなかったです。
なんとか時間を作って、まだ見てない2〜4話を早く見よう。

それにしても、交渉人『真下正義』のセット、ゴージャスだったなぁ。

踊る大捜査線(6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踊る大捜査線第10話@再放送

そろそろ佳境。
演出は本広さんの方がクローズアップされがちですけど、澤田さんの演出もなかなか。
話の展開は少し暗めに進んでいきますが、特に最終話への繋ぎ、10話のラスト、突然襲う緊張感から感極まるシーンの流れは、数あるTVドラマの中でもトップクラスでしょう。
真下とか室井さんの話で映画を作るんだから、更に話を作って、澤田さんにも何か撮ってほしいな〜と、密かに思っています。

踊る大捜査線(6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踊る大捜査線第9話@再放送

つぶやきシロー、変わってないなぁ。(笑える時もあるので、最近また表に出てきてるのはいい傾向)
変わっていたのは、阿部サダヲ!
一目見てわかったけど、普通の役をやっているのを見た事なかったので、ビックリした!
小粒な豊川悦司みたいだよ。

しかし、警察試験って、受験1週間前に願書受け付けてくれるのか?

そろそろぶっ続けで見るのが辛くなってきた。(食糧が、、、)

もう1回ぐらいニュースかせめて天気予報で一休みさせてくれないかなぁ、、、。買い出しに行けるのに。
(そこまで再放送でビデオ撮ってる番組に張り付かなくてもと、自分でも思いはするんですが、、、)
踊る大捜査線(5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踊る大捜査線第8話@再放送

今回のモチーフは『羊たちの沈黙』。
プロファイリング。
当時聞き慣れなかった言葉も、今では定着はした感もありますけど、死語な感じも漂ってます。

しかし、あんな今風と幼稚を取り違えたような東大生卒の人間は嫌だな。

署長のパソコンの勉強シーンは、苦笑。
未だにああいう人はいます。(実感)
あれは、面白く見せる為に真下の説明がわざと難しすい言葉を使ってるんだけど、教える方も初心者の感覚がわからない人が多いのもまた然り。

それにしても、若かりしホンジャマカ石塚さんが、カンニング竹山にソックリ!(キレ方とかも!)
いや、年齢でいえば逆なんですけど、ホント似てて、真面目なシーンで笑いっぱなしでした。

和久さんの手法をまねる青島は、覚えてなくて思わずニヤリ。
この辺は、結果を取るだけでなくプロセスも尊重するという、脚本の妙を感じました。
(でも上はヤッパリわかってくれないという部分も)

踊る大捜査線(5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踊る大捜査線第7話@再放送

48時間。
そんな映画もありました。
爆弾椅子のリーサルウェポンのパクリ具合からすれば、同じなのは時間だけ。
まぁ、リンクの一つという事になるんでしょうけど。
タイムリミット物にしては、時間経過が大雑把、、、。『24』みたいにバタバタし過ぎも問題ありだけど。

そんな実りのない前半は普通に話が進んでいく物の、
後半の潜入捜査のシーンはあざやかだなぁ。
その後の真下の警部昇進が、ここで伏線で生きてくるとも誰も思わんて!

踊る大捜査線(4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踊る大捜査線第6話@再放送

踊る大捜査線の面白いところは、コメディとシリアス、現実感と非現実感のブレンドが巧い。
嘘くささが全然鼻につかない。

ラストクリスマスの春木も、青島ぐらいにウイットに富んでいれば、あの人の良さの嘘くささも気にせず見れたのになぁ。

今回は、室井さんの微妙な変化が、楽しい。

小木茂光さんは、いつ見ても渋くてイイっす!
ギバちゃんとの2ショットはクラクラきそう。

花屋の雪乃さんのエプロン姿もクラクラ。やっぱり女性は耳を出してる方がいいな。

踊る大捜査線(4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踊る大捜査線第5話@再放送

結局貯まったビデオの消化で寝る前には1話しか見れず。

朝、目が覚めると、丁度5話のオープニング。
順番に見ていこうと思って、ビデオ予約はセットしてましたが先々を考えると、そのまま見ずに棚の肥やしになる可能性大なので、何度も見ている事もあり、そのままリアルタイムで見る事に。

『ピンクサファイヤ』、最初のヤツ、いつ見ても全然カワイくないな〜。

気が付かなかったんですが、エンディングテロップに小池栄子の名前を発見。
最初のきたろうに群がるオネーチャン達の中に、若かりし(今でも若いけど)小池栄子がまざっていたのかな?時間があったらビデオで見返してみよう。

踊る大捜査線(3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踊る大捜査線第1話@再放送

かれこれちゃんと見るのは何年ぶりかなぁ。
全然忘れてて、初めて見る感じでなんか新鮮。

つまんない新作のドラマや特番よか、こうやって面白い再放送やってくれる方が、暇つぶしにはいいですね。いや、仕事で暇はないんですけど、、、。(夜中にビデオで見ています)

これも新選組のアンコールと一緒で、特別番組のあおりを喰らって、・・・話の間で切るのならわかるけど、話の途中でブツ切るかなぁ、フツー。
こっちは、事前に気が付いたおかげで、録り損ねはしてはないけど。

森廉、まだちっちゃいなぁ。
ユースケも若〜。
和久さん、元気だなぁ。
雪乃さん、しおらし〜。
室井さんの携帯、デカイ!

踊る大捜査線(1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隊士座談会@アンコール

ぐっさんがオウムやってたとはなぁ。

こないだの総集編のおまけの様に付いていた、座談会の拡大版。
やってくれたのは嬉しかったけど、山南さんの切腹の回の時間がずれてしまって、ビデオの録画に失敗して結局見る事が出来ず、、、。
慶事がおめでたいのは、わかっちゃいるんですが、ちょっと恨み節。

内容は、スマステの時はアウェイな感じと進行がドタバタしていて消化不良でしたが、こちらはカメラをあまり意識せず和気あいあいとしていて、楽しめました。

〜追記〜 総集編は、別にDVD発売で、そっちに座談会を未放送分も含めて収録だそうで。 総集編は時間足らずで消化不良でしたが、座談会の為にDVD買っちゃう人ってのは、結構いそう。 (自分も座談会だけ見たい・・・)

新選組!スペシャル


新選組!スペシャル

posted with
amazlet at 04.12.31


アミューズソフトエンタテインメント (2005/03/25)
売り上げランキング: 11
近日発売 予約可



おすすめ度の平均
: 5

5 座談会に期待!
5 ★☆期待しています☆★
5 新撰組 スペシャル!?


Amazon.co.jp で詳細を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/30

1週間海苔生活@芸人伝説

最近の節約生活な黄金伝説は殆ど見なくなりましたが、やっぱり、昔のココリコ黄金伝説の頃が、身体張ってて面白い。

なので、今回のココリコ田中が久々の伝説挑戦はうれしい限り。
欲を言えば、目標枚数を設定してもらいたかったけど。

味付け海苔にハマるココリコ田中は、面白かった。
海苔をおかずに海苔を食べるって、、、。

独眼竜正宗のテーマを聴いたのは久しぶりだな〜。

この1週間で4キロ痩せたと言うのは、ちょっと聞き逃せない事実だけど。・・・海苔だけはやっぱり嫌だな、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレカノ@全話放送

ま、アニメのカレカノ自体は何度も見てるんですが。(原作はパス)

前半の、雪野の妄想と独り言で気持ちが暴走している様は、毎度面白いです。
雪野の喜怒哀楽もカワイイです。
庵野作品の殆どは、(個人的な意見として)1話は手探りで面白くないのが多いんだけど、カレカノは1話が全話中一番面白い感じ。

が、後半、友達が出来てマトモな人になっていくと、だんだんつまらなくなってしまう、、、。
それとエヴァの時の作画が追いつかないという悪い病気が再発してしまって、踏んだり蹴ったり、、、。

なわけで、前半だけ見て、ほぼ満足。

中盤は父母のなれそめ話、ラストの方は妹達の話は面白かったです。

あと。原作通りにやってしまっただけなんですが。
少女まんがで、一線を越えるな、バカヤロ〜、、、。
直接的な表現ではないけど、悶々とするよヤッパリ、、、。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

3@世界の浜田

Warabi
ワラビー、めっちゃカワイイ〜♥

昔欲しかったPCエンジンのゲーム、『ワラビー』思い出した。

初めて見るのにもう『3』なのか!
浜ちゃんとウッディの取り合わせは、ツッコミとボケが絶妙に絡み合ってる。
浜ちゃんの子供が、もう中学生ってのもちょっとビックリ。

それにしても、本来の『英語を話す』という目的は殆ど果たされてない。
ウッディは全然英語話す気ないな、、、。まぁ、そのマイペースが彼の持ち味でもあるんだけど。

ただ冷静になると、自分も同じぐらいの英語力という事を再認識。あぅ、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/29

モノマネ@いいとも特大号

今年も鶴瓶師匠はお休みですか、、、。
いいとも!特大号、仕事で、見れたのはモノマネだけ。

モノマネも、毎年適当感が大で、どうしたもんだか。
その学芸会的なノリが良かったりするのか?

その中でも気になったのは、
・ゴリの田臥は似てる〜。(シャラポワは似なさすぎ!)
・虻ちゃんの壇ふみが、微妙に似ていてツボ。
・えみちゃん、千里ちゃんのピンクレディーと、乙葉のゴリエはちょっとカワイかった。
・香取慎吾のマツケンサンバはずる過ぎ!テロップはマツケンだけど、カツケンサンバ〜♪って歌ってるし。
・柴田理恵の久しぶりに女の捨てっぷりが最高!ワハハ本舗のノリ丸出し。個人的には一番ウケた。
・ココリコ田中のデューク更家はそっくりすぎて、ピンだと笑いを通り越してしまった気が。
・関根さん、安藤優子かぁ。またズルい素材を見つけてきたなぁ。新ネタが見れたのは良し。

そういえば、ギター侍がジャニーズ系を斬れないのは、やっぱり、見えない力のせいですか?
(あー、でも『うたばん』あたりで、中居正広は斬られてる?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/28

しりとり竜王戦SP@生放送

深夜に出てくるダウンタウンは、隠そうとしないやる気なさが、なんか、許せてしまいます。(つか、なんでこんな時間に松本さんが?)

番組の存在だけは知ってましたが、くだらね〜番組だなぁ。
真面目に見ると、何が面白いんだかって感じ。
得点も時間制限も審査員のさじ加減一つだし、なんでもありありのしりとりで、ルールが全く洗練されてない。
なんか『めちゃイケ』の1回で消えてしまうような駄目企画っぽい。

出演者も無理矢理自分を納得させている感じがするのは、気のせいですか?

でも、こういうユルい、深夜番組ならではのノリは、好きです。
バカバカしさに、結構笑いながら見てました。
ただ、この早い深夜帯だとやっぱり辛いかなぁ。
朝4時ぐらいにやってくれると、寝ぼけて判断力が鈍ってきて、ベストタイミングかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/27

赤ずきんチャチャ@スマスマ

チャチャの映像の一部が他の番組で流れる事があっても、香取慎吾の声の部分が流れるのは、大人の事情で、スマスマかスマステぐらいだろうなぁ。

明日の『犬』は見ないし、とりあえず、SMAPはこれで今年は見納めかな?

赤ずきんチャチャ DVD-BOX VOL.1
赤ずきんチャチャ DVD-BOX VOL.2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/26

新選組!スペシャル@総集編

池田屋以降が面白いのに、全然時間が足りてない、、、。(芹沢鴨に時間取り過ぎ、、、)
テレ東のドラマみたいに12時間ぶっ続けとかでやってくれればよかったのに。
せめて、3部ではなくて4部構成にして、あと2時間追加してくれれば!
(山南さんと秋里の別れがカットされたのが不満。せめてその後の近藤と土方の男泣きのシーンが見たかった・・・)

登場人物が多くて、個々に印象の残るエピソードが多かったから、はしょられると結構がっくしきます。
終わり方は、本編の終わり方より、おみつさんの語りで終わる幕の引き方がキレイでよかったですかね。

メンバートークも時間短すぎ。
DVDの特典用?
新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX新選組 ! 完全版 第弐集 DVD-BOX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トークSP@ナイナイサイズ特番

ナイナイサイズは、ゲストトーク&本人たちの体験ドキュメンタリーなので、ナイナイの他の番組に多い『お約束』が少ない分、ナイナイの番組では面白さが安定していて、今は、ナイナイの番組では一番面白いかも。(とか、書きながら昨日放送分は見損ねましたが、、、)

で、トーク部分だけのスペシャル。
本放送見てても、トークでこのまま終わればいいのに・・・と思う事しばしばで(ゲストがお笑い芸人だとトークで終わった回もありますし)、トークばかりのオイシイとこ取りの番組だったので、面白かったです。

トークもゲストによってノリが変わってくる事も時々あるので、いつか、ゲストが出る前のオープニングトークだけを集めて番組作ってほしいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニキータ@深夜映画

久しぶりに見たけど、この頃のリュック・ベッソンは、脂が乗りまくってて文句なしに面白い。
何回見ても飽きないし。
ジャン・レノも渋過ぎ!チョイ役なのに存在感あり過ぎ!

最後の余計な説明のない男同士の対面は、アメリカンな作品ではありえない不親切さ!
でも、それがいい余韻になってる。

また、こういうグッとくる映画を撮ってほしいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

小田和正@クリスマスの約束

『今だから』の秘話は笑った。
(共同制作という事になっているけど、財津和正はお茶を飲んでいただけ)

月曜組曲の総集編な作りだった為、例年よりもあっさりとした感じでしたかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/25

スケッチショウ+坂本龍一@BSライブ中継

教授や細野さんの手前にアップルマークがさりげなく光ってるのは、いいなぁ。
(ってゆうか、演奏中PowerBookの画面見っぱなしですな)
よく見ると高橋幸宏の後ろにもシネマディスプレイ置いてあるし。Appleファンにはたまりませんな〜。

まぁでも、画面を凝視してボタンをいじったり、ちっちゃなドラムパッドで演奏されるよりは、キーボードやドラムセットで演奏している姿の方が、やっぱりしっくり来ますね。

再生YMOに比べると、スケッチショウの音楽はYMO好きの自分としては、しっくりする感じがします。
・・・とは思ったけど、聴いていくうちにやっぱり敷居が高い気がしてきました、、、。

やっぱりわかりやすいフレーズやリズムが、欲しいです。


と、いうことで番組途中ですが、小田和正にチェンジ。(さすがに音楽番組を2つ同時には見れ(聴け)ない、、、)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

X'smap@プレミアステージ

草彅剛の・・・がわかるまでは、あまり面白みはなかったかなぁ。
それ以降の部分は、伏線の貼り方とかはうまかったです。

まぁ、台詞の一部には、共感したり考える点もあり、そういう部分では十分な収穫でした。

脚本は悪くなかった分、テンポがそれを殺してしまってて残念。1時間ちょっとでまとめて、スマスマ特別編のような作りの方がしっくりきてたかも。

おまけも、ありがちな感じで、いかにも時間つぶしな感じ。

キャスティングは巧かったです。
タブル阿部で来るとは!

それにしても、予約したのに『Song of X'smap』のダウンロードが出来ません。
深夜にならないと駄目ですか、やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八木アナ@明石屋サンタ

あー、今は仕事やっていないから元アナになるのか、、、。
他の仕事はいいから、さんまの罵声には負けずに、来年も明石屋サンタはやってほしいです。
クリスマスのささやかな幸せを奪わないでほしいです。

しかし、今年は構成作家がホンを書いたんじゃないのっていうぐらいに、例年になくまとまった番組の作りになってました。
素人の話の構成がうまい人が多かったし、芸能人も義太夫はともかく、川端アナやヒロシは面白かったし。最後の最後も尻切れとんぼにならずにオチがついたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/24

ピンクレディー@キンスマ!SP

普段はキンスマは見ないんですが、再現ドラマのピンクレディーの二人、そっくりではないけれど雰囲気がよく出てて、そのまま最後まで見てしまいました。
歌唱印税の契約してなかったというのはビックリ。あれは契約しないと貰えん物なのか?

再結成したグループとか、歌手って時代に合わせた変化に違和感を感じてガッカリする事もあるんですけど、ピンクレディーは見た目が年相応なものの、現役当時を彷彿させて舞台に立っているのは、すごいなぁと感じます。
客席で、振り付けを一緒に踊っている人の気持ち、何となくわかる。最後のヒット曲メドレー見て、懐かしさで涙ちょちょ切れそうでした。

ちなみに、初めて買ったレコードは『サウスポー』でした。
昭和50年代のアイドル歌謡、大好きです。(未だに覚えてるような、わかりやすい曲多いし。)

ミーちゃん(すまん、多分死ぬまでちゃん付けだ)と木梨憲武は、誕生日が一緒なので、無条件で言動に共感してしまいます。

TWIN BEST


TWIN BEST

posted with
amazlet at 04.12.24


ピンク・レディー
ビクターエンタテインメント
(2004/09/22)
売り上げランキング: 912
通常24時間以内に発送



おすすめ度の平均
: 5

5 このお値段は絶対買いでしょう!


Amazon.co.jp で詳細を見る

スーパーモンキー孫悟空のテーマまで入って¥2,000はお買い得なので、将来、自分の衝動買い用にリンクしとく。

んで、ラピュタは、最後の方から見ましたが、どっから見ても面白い。うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/23

WXIII@衛星アニメ劇場

WXIII 機動警察パトレイバーそうかWX3って何じゃらほいと思ってましたが、XIIIって13ってことか。(W(asted)-13だったのですね)
劇場で観たかったんですが、地方でやって来なかったので、今回ようやく観る事が出来ました。

・・・それなりに面白かったんですが、外伝的な位置付けというのを置いておいても、映画としてはパンチが足りなかったですかね。
日常感がよく出ていたので、その中での非日常感を際立たせられれば、メリハリがついてもっと面白く感じれたかも。

それと、ストーリーにもう少しひねりが欲しかったかも。

声優さんに関しては、ハマってていい感じでした。
それと、美術はムチャ、リアルな感じでキレイでした。
それと怪物が、デザインが末弥純!ちょっとビックリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/22

マンハッタンラブストーリー@最終回

マンハッタン・ラブストーリー DVD-BOXよく出来た最終回でした。

思い返すと今まで見てきた宮藤官九郎物のドラマは、始まりや取っ付きは悪い物の、張り巡らされた伏線が、後半になって巧みにボディブローの様に効いてきます。

テレビドラマは、ラストがまとまりきらない、納得いかない終わり方をする物も多いから、そういう意味では安心できる作家さんかも。

やっぱり本放送はパスした『僕の魔法使い』も面白かったのかなぁ。
まぁ、何かの機会に見る事もあるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/21

パトレイバー2劇場版@衛星アニメ劇場

機動警察パトレイバー2 the Movie早すぎた傑作。
ま、そういう意味では『1』も早すぎたんですけど。
1がストレートにパトレイバーを引っ張っただけに従来のファンに受け入れられやすかったのに対し、2のジメジメした感じや絵柄のリアル感が増したり、メカの出番の少ないスタイルは、なかなか理解されなかった気がします。

今では、現実の方が色々と追いついてしまったせいで、2を嫌っていた人達にも再評価してもらえるのはいいかなと。

劇場版のパトレイバーの話になると、1と2どっちが好きか?という話になりがちなんですが、自分はどっちも好きです。
甲乙付け難し。


2だと、2002年(確か)なのに、KDDIがまだKDDのままな部分がご愛嬌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コサキン@アメトークSP

やっぱり、コサキン最高!
関根さんが似てないモノマネをする度に、テレビに向かって『似てね〜っ!』って突っ込み入れてました。

後半の青木さやかとアンタッチャブルが合流してから、つまんなくなってしまったので、『きらきらアフロ』を見ておけばよかったかなちょっと思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/20

クリス“ウマ”スコント@スマスマ

一発ネタ。

あまりのバカバカしさは、かなりツボ。
あそこで、ケンタウロスの草彅剛が出てくるとは思わなかったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラストクリスマス@最終回

ぐは〜、、、。

ラストクリスマスの『ラスト』は、結局『最後』のクリスマスではなくて『去年』のクリスマスかい、、、。

織田裕二がいい人すぎて、嘘くさい。
矢田亜希子は、最後は死んでもしななくてもどっちでもいいかなって思えてしまったりで、なんか初めから最後までのめり込めないドラマでした、、、。

ここまでベタに、バブル時代のトレンディドラマをしなくても良かったんじゃないかなと。

とりあえず、次の『不機嫌なジーン』は、予告は面白そうに見えたので(キャストがバラエティに富んでたなぁ)、ちょっと期待しておく。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

パトレイバー劇場版@衛星アニメ劇場

機動警察パトレイバー 劇場版おもろい。
今見てもおもろいし、いつ見てもおもろい。
コメディ・シリアス・アクション・ミステリー・サスペンス、いろんな要素を詰め込んで、これだけバランスよく面白くまとめあげられている作品も、そうないかなと。

設定にリアリティがあるので、アニメ好き以外の観賞に堪えうる事も十分ポイント高し。

当時は一般的でなかったコンピューターウィルスをネタにしつつも、今見てもそれほどチープでもなく、全然間違った方向に行ってないし。
まぁ、劇中、設定が2000年(確か)なのに、気圧がミリバールなのがご愛嬌ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/19

王様のレストラン総集編@再放送

王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipeいつもなら、日曜の昼は、サスペンスの再放送をやってる筈なのに、なぜか今日はかなり昔にやった筈の『王様のレストラン』の総集編。

自分の中では、三谷幸喜テレビドラマ3大ベストの一つ(あと2つは、『振り返れば奴がいる』と『子供ほしいね』)なので、久しぶりに見れたのはうれしい限り。

万人受けで、オリジナリティに富み、隙がない作りは、数あるドラマの中でもダントツではないかと。

また最初から続けて見たくなってしまった。
伊藤俊人さんがお元気なのも、しみじみとしてしまいます。

BGMが流れると、ビールを飲みたくなってしまう、、、。(飲めないけど)
このドラマのBGMだというのを知らない世代とかもいるんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/18

宮崎駿の色紙@さんま&SMAPクリスマススペシャル

ズルいよ、木村拓哉!

て、ゆーか、ハウルまだ観てないんだってば、、、。
ネタバレになるような絵を描かせないでくれ、、、(泣)。

番組そのものは、ドッキリ企画が滑ってしまって、マンネリ打破には至らなかったかなと。
ビデオ企画に時間を取られすぎてて、いつもみたいに、アンケートコメントで進行した方がテンポよく面白く見れたと思うんですが。

まぁ、10年もやってれば、こんな回もあるかなと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/17

地名しりとり@ノブナガ

ワッキーの地名しりとり Vol.1先週の続き。
ホントにゴールしたんだな〜と、感傷に浸るゆとりもないぐらいに、同じ映像の連続!
感動を通り越してちょっと食傷気味な感じ、、、。

しかも引っ張る引っ張る。
在京局が編集すればもっとしまった感じになるんでしょうが、しゃぶり尽くそうとしてますな。
ま、いいんですけど。そんなローカルな感じも地方の味ですから。

しかし501回もしりとりをして、まだ行ってなかった県(福井・福島)があったというのは驚き。
あと3年やってるのにゴールは303日目と、日数が合わないカラクリは教えてくれんのかな、やっぱり。
(最初は約1年ぐらいでゴールして、それを小出しにしてるのかと思ってたのだけど、そうではないようなので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本0-3ドイツ@サッカー親善試合

最悪、、、。

まぁサッカーの見る時はいつもそうなんですが、格上や同格に負ける事はあって当然の事で、仕方ないなと思っています。

ただ負け方というのがあって、0点で負けると、とにかく腹が立ちます。
不甲斐ないっ!

せめて一矢報いて、それなりの結果を出してほしいのです。

今回は点の入れられ方も駄目っぽさ全開で、なんか控え組中心だと、ここまでテンションが下がってしまうのはどうかなと。

いい機会なので、大久保以外もU23からフル代表に昇格させた方がいいんでないかなぁ。
・・・と思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/16

激突!@ミッドナイト映画劇場

シンプルかつアイデア勝負の作品だけあって、何度も見てますが毎回面白く見れます。
あー、でも毎度吹き替えで、字幕で見たのは初めてかもしれない。

個人的には、慣れてしまったせいもあって、穂積隆信の吹き替えの方がしっくり来る感じ。
(声の、神経質で切羽詰まった感が、スゴく良く伝わる)

最近のスピルバーグは感動の実話ネタが多くて、またこういうエンターテイメント重視な作品を撮ってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/15

マンハッタンラブストーリー@再放送

本放送の時は、最初の1、2話だけ見て、面白さがわからずそのままスルーしてました。
(確か『白い巨塔』の裏番組だったし)

が、深夜に再放送をやっているのを何気に見続けてたら、4話目あたりでドラマの構造が理解出来て、すっかりハマってしまいました。

ガチガチの宮藤官九郎物でした。

サンタのコスプレは反則だと思う、小泉今日子。(かわいいんだもん、、、)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/14

メロンシロップ@はねとび

melosiro

はねるのトビラで、久しぶりに素で笑ったコント。
やっぱり北陽はいいわぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/13

局長!@スマスマ

バカすぎる、、、。(←誉めてます)

特にネタのないゴリ押しな内容でしたけど、香取慎吾のセルフパロディで、音楽が一緒という事で許しましょう。
できれば、今度はちゃんとオチのついたコントでみたいです。
(できれば局長以外も同じキャストで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最終回@新選組!

ついに最終回。
地上波とBSとで両方見てしまいました。

感動はしたけど、最後の最後は、脚本の映像化がしっかりと出来なかった感じがしました。
『完』の後に今までのダイジェストが流れるし。
それと、捨助が架空の人間だからか、最後に死んでしまうのが、ちょっと腑に落ちなかったというか、タイミングが悪いというか、話の流れが淀んでしまって、もっと近藤勇に集中させるべきではなかったかなと。

まぁでも、大トリは難しいとは思ってました。

他の隊士の散り様は、それはもう見事としか言いようがなかったので(山南さんなんて、シーンがちょっと出ただけでウルウルしてしまいます)、最後の最後は、どうしても期待しすぎてしまう部分も大きかったですし。


全体で見ると、前半だるい部分もありましたけど、京に上ってからは毎回面白かったです。

改めて、三谷幸喜のシナリオ運びの巧さに脱帽って感じです。

とりあえず、今後は心置きなく『ワールドレコーズ』(最近面白い)が見れそう。(『義経』は多分見ない、、、)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/11

マリノス優勝@NHKスポーツ中継

2つのテレビで、裏の『ロード・オブ・ザ・リング2つの塔』と同時に見てました。

まぁ、流れ的にはレッズ優勝の方が盛り上がるんでしょうけど、一応Jリーグ発足からのマリノスファンですので、ここは素直に喜ばさせて頂きます!


『おっしゃぁ!』

アウェイでPK勝ちという最も空気の読めない勝ち方ではありますが、マリノスが強かったというよりは、レッズの押しが足りなかったという事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/10

地名しりとり@ノブナガ

名古屋の本放送では、先日とうとう三重にゴールしたというのを聞いていましたが、とうとうこっちの放送でも追いついてゴールしてしまいました。

何の振りもなく、突然ゴールしてしまったんでビックリ。
しかも、何のフォローもなく来週に続いてしまったので、悶々としています、、、。

それにしても、ワッキーはすっかり有名人になってしまったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ロボコップ3@木曜洋画劇場

ロボコップ好きな人にはあまり評判よくない本作ですが、自分はシリーズ中一番好きです。

ロボコップが空を飛んだり、忍者?ロボなど、バカっぽい要素が多い割に、結構話はまとも。(というか王道)

それにしても、
空飛ぶ超合金警官!いま、倒しにゆきます
っていう番組キャッチフレーズは、なんとも、、、。
(ジャンクロード・バンダムの映画から、すっかり変なフレーズで味しめちゃったなぁ、、、)


再来週のチャック・ノリスの『オヤジアクションの決定版』は笑ったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年1月 »