« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005/05/30

空中ブランコ@金曜エンタテイメント

CMでの濃い阿部寛が妙に気になって仕方がなかったので、ついつい見てしまいました。

なんつーか、精神科医役の阿部寛の掴み所の分かりにくい(いい加減なのか真面目なのか)キャラクターがちょっとどうかなと思ったんですが、全体を通すと結構面白かったです。

看護婦の釈由美子も、素っ気ない感じでいい味出してたし。

ただシナリオとしては、患者に自分自身の姿を見せる事(ビデオ、同じ様な立ち振る舞い、同じ様なトラウマの相手に会う)で、病自体はあっさりと直ってしまうので、そこまでの引っ張りに時間をかけるという事に説得力があまり感じなかったかなと。

ただ、キャラ立ちしているので、このシナリオはパターン化してしまえば、連ドラ化するのも難しくなさそう。

『タイガー&ドラゴン』みたく、これで様子を見てるのかな?

そういえば、子役が『いま、会いにゆきます』の武井証くんでした。
やっぱり“佑司”以外の役は、なんかしっくり来ないな、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/05/27

有野さん結婚おめでとう@めちゃイケ

本放送時に見逃した(最近は同じ時間帯は日テレとTBSが面白かったりしてます)、有野さんの結婚式。
?週遅れで、地元局の放映で見れました。
こういうのは、地方のメリットですね。

最近のめちゃイケが、ヤベっち寿司などのまったり企画で引っ張って、イマイチ面白みに欠けていた分、今回の企画は、メンバーの素のリアクションがとにかく可笑しくて、セミドキュメンタリーな台本にない空気がビンビンで、ここ最近では珠玉の出来でした。
最近の『バカ女』『笑わず嫌い王』『中居君接待』などのスペシャル企画よりも、全然面白かったです。

ぐっちょんは、相変わらず見事なボケをかましてましたし。

有野さんの、誇れるところのない部分への厳しいツッコミは、愛あればこそといった感じで、まぁたまには、めちゃイケにもああいう真面目な一面もあって良かったんではないかなと。

ただ個人的には、『ゲームセンターCX』の輝ける有野さんはとても好きで、現在のめちゃイケでも、時々オイシイ、いわゆる『高木ブーポジション』的な位置付けにいてるので、今後もそこそこに頑張って、持ち味を更に活かせればいいんではないかな〜と、思ってたりします。

とりあえず、お幸せに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/26

『新選組!』特番?!@テレフォンショッキング

家で仕事をしていて、横のテレビは『笑っていいとも!』。

テレフォンショッピングのゲストは、山本耕一。
NHK大河ドラマ『新選組!』の土方歳三です。

まぁ、登場のいきさつは、今やってるドラマ繋がりからではありますが、そのドラマの話はあまりなく、酒をよく飲むだの会津の親善大使みたいな事やってるとか、たわいもない話に終始。

土方=山本耕一以外の部分で、それほど意識して見ている役者さんでもないので、殆ど流し見をしてました。

次の友達の紹介で藤原竜也(沖田総司)を紹介したので、おー、新選組繋がりと思っていたら、

「今度、新選組のスペシャルやるんですよ。続きなんですけど・・・」(うろ覚え)

と、山本耕一が、ボソリ。

 
え?え?え〜〜〜?!

年末放送予定とか言ってるんですが、それ、マジっすか?
だとしたら、近藤勇亡き後の土方の最後までが多分描かれる訳で、『新選組!』ファンとしては、メッチャ嬉しい情報です!

つか、この情報って、ファンにはすでに周知な情報なんでしょうか?
自分は寝耳に水で、かなりビックリしました。

個人的な希望としては、香取慎吾は回想シーンのみでも仕方ないとして、脚本だけは三谷さんでお願いしたいです。
年末のスペシャルとかでもいいですけど、金曜9時の時代劇ドラマ枠あたりで4回ぐらいに分けてやってほしいかな。

実はまだ企画段階とかで、『なかった事』とかになりませんように。

(追記)
今日の日刊スポーツの記事で、発表の記事がありました。
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050526-0013.html
年末じゃなくて来年1月になってます。脚本も三谷さん、キャストもほぼそのままという事で、言う事なしです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/16

『いま、会いにゆきます』@ドラマ化

http://www.ima-ai.com/

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/may/o20050515_20.htm

いつかは、やるだろうとは思っていたけど・・・
ちょっと早すぎに感じてます。

多分、『いま、会いにゆきます』は、ラストが重要な故に、最初に見た作品(原作・映画・漫画)の印象で、全てが決まってしまうと思っています。

タネの分かっている手品を二度三度見た時の驚きの減少加減のそれと同じです。

ただ手品にも、タネが分かっているにもかかわらず、技術のスゴさに何度も見入ってしまう物があります。

『いま、会いにゆきます』は、タネの部分は同じでも、原作のエンディングと映画のエンディングは受ける印象が全く違います。
故に2つの作品は同時に存在出来るし、片方を目にするともう片方も目にしたくなります。
そして映画には、何度か見返したくなる仕掛けもあり、ネタバレをしても1度見た時とは違う印象を受ける、2回目の以降の面白さがあります。

が、『世界の中心で、愛をさけぶ』の様に、ストーリーがネタバレしていても、演出の力で押し切れてしまう物ではなく、タネの部分が『いま、会いにゆきます』の肝でもあるので、TVドラマという、その肝を見せるのに時間がかかる媒体はどうかと思っています。
ネタバレをすれば、映画で得られたサプライズもなくなり、ストーリーが好きな人間の偏った懐古的な視線にさらされるか、ただの恋愛映画に成り下がってしまう可能性が大です。

なので、現状では、期待よりは心配の方が大きいです。

ドラマを始めるなら、その前に映画をTV放映して(DVD版の売り上げなんか知った事か!)、見る人を同じスタートラインで始めて欲しいです。

ミムラと成宮が主演という事で(子役に至っては武井証本人!)、二人とも好きな役者さんなので、竹内&中村に負けずに、頑張っては欲しいです。
ただ成宮は、二枚目のままで出てくる事がありません様に。
病気を抱えている主人公像が、それだけで、嘘くさくなるから。

スタッフはどうなるんでしょう?
希望としては、出来れば土井監督直々にメガホンを取ってもらうのがいいんですが、それかドラマのセカチューのスタッフなら、少し安心出来ますかね〜。
分かっている人にも面白く感じれるという点で、脚本を最重要視しなければならないでしょうから、出来れば映画版のままに岡田恵和希望。
 

まぁ、第一報の時点でジタバタ言っても仕方がないとは思うので、後々の情報や本編を見てから、所感を書いていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/10

ワイドショー@中村獅童♥竹内結子

(大前提:映画『いま、会いにゆきます 』が、メチャメチャ好きです。)

第一報は、深夜にYahoo!のニュースで。
本人達のサイトは見てないですが、朝の情報番組で軒並み取り上げられているので、間違いないんでしょう、、、。

いまだにそれぞれの相手に篠原ともえと上川隆也だと思っていたので、寝耳に水。
なんか、祝いの気分とか嫉妬とか(竹内結子は見た目タイプじゃなかったり)、いいとか悪いとか、そういうのは全く感じず、とにかく頭が真っ白。

『いま、会いにゆきます』の巧と澪な訳ですが、自分の中では、

浅利陽介+中村獅童=巧
大塚ちひろ+竹内結子=澪

という図式で、二人の関係は作品の中で独立して見れていたので、作品を飛び抜けた現実世界での繋がりというのは、映画の『嘘』が本当になってしまったというよりは(現実視点)、本当に嘘になってしまった(映画視点)感じがとにかく強く、映画に心酔している自分としては、スゴく複雑な気分に陥って思考が停止中です、、、。

--
5/11追記

TVで中村獅童の会見を見ました。
自分があの映画に感動した以上に、当人達も思うところがあった様な感じ。
好きな人に対する思考経路が同じという事で、なんとなく気持ちがわかってしまったので、少しすっきりした感じ。

映画と現実は、自分の中で切り離せそうです。
早くDVD発売されんかなぁ。ホントは高い金を払っても劇場で見たいけど。(6月に東京での上映見たいけど、、、)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/05

仮面ライダー響鬼ショー@ニュージーランド村

Dsc00065-1

お子様の付き添いという名目で、響鬼ショーを見に行きました。

 

続きを読む "仮面ライダー響鬼ショー@ニュージーランド村"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/02

Blogクライアントの文字化け、、、

TVとは関係ない話。
普段、blogの投稿は、ブラウザの投稿画面ではなく、ectoというBlogクライアント(blogの記事編集用のソフト)を使っています。

と、いうのもMacを使っているんですが、Macだとブラウザ(safari)の編集画面に修飾文字のアイコン(BとかIとか)が出ないからです。

投稿しやすいだけでなく、今まで投稿したものの管理や修正も楽なので、ecto様様な状態です。

が、困ったことに、過去記事が急に記事が文字化けをしてしまって使えない状態になりました、、、。
カテゴリー選択も文字化け、、、。
ecto

最初はectoのバージョンアップに失敗でもしたのかとも思い、色々と調べたんですがそうでもない様子。(同じTypePad系のブログは過去記事やカテゴリーが正常に表示される)

で、ネット検索を"ecto 文字化け”から"ecto 文字化け cocolog”で調べたら、どうもcocolog側のシステム変更によるものらしいというのが判明。

ectoだけではなくて、他のBlogクライアントでもcocologのみ同様の症状との事。
(試しに、Windows機に入れてあるubicast Bloggerでも同様の症状)

今後、cocolog側が、仕様(TypePad系の他のblogも後々追随する可能性もあるので)で通して、blogクライアント側の対応を待つしかないのか、cocolog側でシステムの調整を行ってblogクライアントで利用できるようになるのか・・・。

cocologに限った問題なら、正直、そっちで何とかして欲しいところです。

 
--
5/9追記
http://info.cocolog-nifty.com/info/2005/05/post_f32b.html

直った!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/01

宝くじ付きレシート@A

台湾の、“レシートが宝くじ”は、考えた人、すごいな〜。
システムに無駄がない。
売り上げの何%とかではなく、レシートを寄付する事で自発的なボランティアにまでなっているというのは、いたく感心してしまいました。
番組中でも絶賛してたけど、オセロ松嶋の言ってた黒幕(相変わらずのボキャ貧に(笑))からの反発を和らげる為に、どこかの地域で、構造改革特区の申請をして、テストしてみればいいのに。

それか、スポーツ振興くじ!(totoに限らず)
入場券自体を抽選式の宝くじにしてしまう。
入場数アップになれば、売り上げやゲームの応援にも貢献するんではないかと。
楽天あたり、検討してみればいいのに。
 
 
・・・まぁ、その話題には喰いつきましたが、他は前回前々回同様、イマイチな感じ。(他の番組(トリビア)で見た事ある話題とか取り上げられても、、、)
コメンテーターは、オセロ中島と、Uターン土田、夏木マリで番組はまとまってしまってる感じ。

何が足りないのか考えたんですが、やっぱり久米宏は生放送で光輝くんではないかと。
海外特派員とのやり取りを止めて、スタジオでまとめてしまえば、現行のままでもなんとかなりそうなんですけど。

やっぱりTVスクランブルや、ニュースステーション金曜版の様な番組をやってほしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »