« ドラマ『電車男』@第4話 | トップページ | iTunes Music Store@ワールドビジネスサテライト »

2005/08/03

ドラマ『いま、会いにゆきます』@第5話

脚本家の違いが見えてきた感じ。

 メイン?の飯野陽子さんは、よりオリジナルな『いま、会いにゆきます』を描こうとしているのに対して、サブ?の篠崎絵里子さんの方は、そのオリジナルさを原作や映画のよい部分を潰さないように、逸脱しないように、まとめあげてる感じ。
 残念ながら飯野さんの脚本にはどうしてもついていけない部分が多く、篠崎さんの脚本の方が、安心して見れる感じです。

 原作や映画の澪は、無理になくした記憶を思い出そうとせずに、家族といる事、愛する人のそばにいる事に幸せを感じていたのが、ドラマだと、記憶の無い自分に不安を感じたり、巧や佑司と想い出を共有出来ない事を寂しく感じたりします。
 たしかに普通な感覚ではあるんですが、ここの部分(澪の気持ち)が大きく変わってしまうと話の方向性がずれてしまうよな〜と心配しつつ見ていました。
 が、最後に、パラパラまんがという小道具で過去と今をキレイに繋いで、そして過去の話を重ねて、その時の気持ちから、そばにいる事の幸せへの昇華のさせ方、上手かったです。
 3話の時のような、脚本と演出とのちぐはぐさもなく、今までで一番安心して見れました。

 中学の時の想い出のシーンが格段に増えた事、ケーキ屋夫妻のシーンもいつもよりは長めだった事も、バランスが取れていたように思いました。
 

 来週は、予告で見る限りでは、外的な要素による色々と波乱に満ちた展開に、とうとう巧の病気がクローズアップする展開のようで、かなり重要な内容になりそうなので、上手くまとめてくれる様祈るばかりです。
 
 

・・・その他、

・パラパラまんが。やっぱり同じチャンネルだし、ネタ元は『バク天』?
(前日のレーザーラモン住谷との絡みは見れなかったです)

・風船が飛んでいくシーンは、次のパラパラまんがのシーンへの繋ぎになっていたんですが、大事なものが離れていってしまうような予感を感じさせるようなシーンになっていたようで、ちょっと寂しい感じ。
 ただ、パラパラまんがのストーリーからすると、大事なものを好きな人に助けられて追いかけていくシーンにも見れる。結構奥深い感じ。

・サイン帳のシーン。あの場で自己完結してるというのは原作に近い作り。やっぱり、あのサイン帳の言葉は、グッと来るものが・・・。

・先生(MEGUMI)、たしか交通事故でドラマの撮影を休んでるので、ここ2回出番がないんですが、直後のウルルンに出てるのは、、、。
 海外での撮影自体はもっと以前で、スタジオ撮影も身体を動かす事が少ない分、仕事としてはアリだったんでしょうけど・・・。ねぇ、、、。

TVサントラの発売日が9月7日に決まった様子。当初暗い感じがして違和感あったものが、今ではすっかり馴染みました。

 今回はこんなトコロです。

|

« ドラマ『電車男』@第4話 | トップページ | iTunes Music Store@ワールドビジネスサテライト »

「いま、会いにゆきます」カテゴリの記事

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19763/5289216

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ『いま、会いにゆきます』@第5話:

« ドラマ『電車男』@第4話 | トップページ | iTunes Music Store@ワールドビジネスサテライト »