« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006/05/31

ドイツ VS 日本@サッカー親善試合

前半、超押され気味で、本気モードではないドイツを見ていると、やっぱり日本ってレベルが下なんだな〜と、思ってたら、後半!

高原の2点は、眠気覚ましには最高の目覚まし時計になりました!!!

いっそのこと、2年前の借りをそのまま3−0でお返ししてくれれば最高だったんですけど、ソコはソレ、あっという間に2−2の同点にされてしまったところに、本気モードのドイツの底力を見せつけられた感じです。

でも、強豪に対して2点取れたというのは、よかったよかった。
多分2−2の結果は、先を考えると妥当。
TVで散々に言ってたけど、選手は自信もついただろうし、課題も見えた。
勝てば、過信が生まれて足をすくわれるかもしれないし、対戦国が思いっきり警戒して試合に臨んでくるだろうし、
負ければ、後手後手に回った試合をして、対戦国もつけあがってきていい試合が出来ないかもしれない。
だから、2−2の同点はメンタルの面で決して間違いではなかったと思う。
2点以上に決定的チャンスが何度もあってそれを決められなかったのは残念でしたけど。(まぁ、いつもの事と言えばいつもの事、、、)

こんな事書いて、6/4のマルタ戦でボロボロになったりしたらシャレにならんけど、、、
 
 
今回の拾い物としては、
・福西は今までそれほど好きな選手ではなかったけど、今日はいい仕事してた。
・加地(大丈夫なのか?!)と交代した駒野も最初はどうかと思っていたけど、いい動きをしてた。(サブの選手で、情報やマークが甘くなっていただけかもしれないけど。)
・後半出場の玉田と大黒も、点は取れなかったけど動きは悪くなかった。

それにしても、ドイツはチャージが凄かったな〜。
さりげなくないのにファール取られてないよ、、、。いくらホームとはいえ、どうよって感じ。
日本人のフィジカルが弱いのか、倒れ方が下手なのか。その両方?やっぱり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/05/30

下妻物語@月曜ゴールデン映画特別企画

『いま、会いにゆきます』同様、こちらも10分ほどカットされていたらしいものの、こっちはそれほど観てない分、カットされたシーンもよく分からず、でも違和感もそれほど感じす、、終始面白く観れました。
 

つか、サイコー!

キャスティングは言うまでもなく、CMで流れがブツ切れながらも(ジャスコの親会社のイオンのCMが入ってたのには笑った)、テンポもそう乱れる事もなく、喜怒哀楽のバランスも秀逸で、とにかく観てて痛快!

『嫌われ松子の一生』も否が応でも期待したくなります。

 
それにしても、刷り込みをされてしまったのか、NOVAが『日本沈没』のタイアップをしているのではなく、『日本沈没』の方がNOVAをCMしているように見えてしまう。最後に“♪NOVAっ♪”って出ない事に違和感が・・・。慣れって怖いな、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/06

小さき勇者たち@ガメラ

平成3部作っていうか、平成1作目にとにかく強い思い入れがあるだけに、もうあれ以上の怪獣映画は作れないだろうと思ってましたし、スタッフも知らない人だらけで、新しいガメラのデザインのダサさと、子供向けな内容というのを聞いたので、デビルマンと双璧をなすぐらいの出来なんじゃないかと、不安を通り越して、開き直りで観てきました。

・・・が。

ごめんなさい。
面白かったです。
すいません、か〜な〜り、面白かったです。
子供が主人公だけど、大人の方が観ても、いや多分大人の方が面白いと思える、鑑賞に堪えうる内容でした。

今までのガメラもリスペクトしつつ、今までのお約束的な流れの怪獣映画にはない人間ドラマ(子供の成長物語。ドラマとしては親子の絆や友情を描いた珍しくないもの)との組み合わせでのアプローチは、とても新鮮でした。

今までは人間は人間、怪獣は怪獣、という場面や世界の区切りがあって、怪獣と人間との繋がりは思い込み的な一方通行な思いが多かった訳で、ゴジラで通じた?時もありましたが、それはそれで嘘くささ大爆発な訳でシラケてしまうのですが、今回のガメラ、劇中の名前のトトと呼びましょうか、トトを育てるという行為によって、トトは目で答えるだけですけど、一方的に話かけるのではない、怪獣と人間との心の繋がりに説得力がありました。

 

感じとしてはウルトラマンティガの最終回がOKな人なら、乗っかれます。ぜひ観てください。
 

平成ガメラのデザインが好きな人間としては、デザインの方向性が明後日に行ってしまったのが辛いところなんですが、トトも子供ガメラという事で、必然性のある可愛い顔立ちという事で、映画で見てる分には、あまり気にはならなかったです。

敵怪獣ジーダスも、ぶっちゃけハリウッド版ゴジラで作ったジラースの様なデザインなので、どうなんだよ、おいって思ってましたが、悪役いじめっこ怪獣の本分を発揮していてイイ感じでした。

特撮(ミニチュアセット撮影)も、平成ガメラのカメラアングルとか踏襲されていて、巨大感とか上手く出てたと思いました。

時間があったら、また劇場で観たいです。
多分この映画が注目されないのは、宣伝が下手なんでしょう、、、。
冒頭のガメラ対ギャオスのシーンをそのまま流すだけでも、結構食いつきはいいと思うんですけどね。間違いなく見た目で損してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »