« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006/07/22

映画『日本沈没』(新作)@雑感

『日本沈没』観てきました。(前作、原作は未見です)

広げた風呂敷が広過ぎて、包む物も大き過ぎて、上手く結べず、こぼれ落ちるし、中スカスカだし、穴開いてるし、壊れてるし、、、。

そんな感じでした。

どうもキャラクターに輝きがないというか、分散した主要キャラのシーンそれぞれが長過ぎて(実際には長くないにしても長く感じる)繋ぎが悪く、テンポとタイミングが売りの樋口監督らしからぬ出来。
嘘が嘘に見えてしまい、突っ込みどころも多数。
演出以前の、ストーリーや台詞回しも脚本が練り込まれていない感じ。

もっと主要人物を絞ってコンパクトに、名もない登場人物らを客観的に印象的に描いた方が、よかったんじゃないかなぁ・・・。

実際、主要人物よりは、ミッチー(今回もオイシイ役やなぁ)や飲み屋のグループ、実家の酒屋なんかの方が感情移入しやすかったし。
 

コレよりダメ映画もたくさんあるんだけど、期待が大きかっただけにちょっと残念。
『ローレライ』は好きなんですけど。ねぇ、、、。

ストーリーは変えようがないものの、いずれ、もっと研ぎすまされた編集の、完全版『日本沈没』が見れますように。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/15

2006夏ドラマ@第1回

とりあえず見たのは、
『ダンドリ。』
『結婚出来ない男』
『下北サンデーズ』
『花嫁は厄年ッ!』
『タイヨウのうた』
『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』

『レガッタ』は見たかったけど、都合で見れず。
他は興味なし。
 

『ダンドリ。』は、榮倉奈々も加藤ローサもかわいいけど。なんか、一昔前のギャルゲーのようなキャラ設定がいかにもというか、狙い過ぎの感もあり、内容の方も無難な感じで、個人的には微妙。
『がんばっていきまっしょい』の方が好み。
でもとりあえず見る。

『結婚出来ない男』は、可もなく不可もなく。
パグはかわいい。多分次は見なさそう。

『下北サンデーズ』は、上戸彩の性格が掴みきれず、下北沢という異世界に入る為の代理人としては、不適切な感じ。
全体を通した感じでは、割と普通。
ただ「不覚!」という台詞は、自分の中では『日本沈没』の「一気呵成」と同じぐらいにマイブームで、できれば今後も使い回してほしいのと、堤さんの演出なので、その辺ちょっと気にしつつ今クールの中では一番期待。

『花嫁は厄年ッ!』は、コレも無難。
が、岩下志麻の存在感は圧倒的で、他の役者のオーバーな演技の嘘っぽさも帳消し。ここのところ、役に恵まれていた篠原涼子も、ちょっと今回の役はインパクトに欠けるかなぁ。気が向けば見る。

『タイヨウのうた』は、判断難しいなぁ。
映画の主人公(YUI)は、素人っぽさ全開でも、一生懸命な感じと歌唱力で光ってたけど、なんか倉木麻衣のような様変わりをした沢尻エリカは、ちょっと魅力が薄め。
ストーリーも、そこそこな感じ。
演出面では、もっと夜の空気が出るような感じがあっても良かったかなぁ。
保留。

『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』は、おバカ全開。
長瀬は相変わらず芸達者だ。
我が道を行ってくれって感じ。
1、2回飛ばしても見る分には全く問題なさそう。

全体的には、一回目だけだと、期待していた物も含めて、飛び抜けた感のあるドラマはなし。
続けて見れるのは、あるかなぁ・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/14

吾輩は主婦である@最終回

当初、ゆるめの昼ドラコメディだと高をくくっていましたが、いやいやどうして、話が進むにつれ、クドカンワールド炸裂で、中だるみする事もなく、最終回も適度に謎や続編の期待感も残しつつキレイに締めくくってくれました。

現時点で、今年一番のドラマには違いないです。

こうなると、宮藤官九郎で、NHKの朝ドラか大河、テレ東の正月ドラマあたりを見てみたいなぁ。

吾輩は主婦であるDVD-BOX 上巻「みどり」

吾輩は主婦であるDVD-BOX 上巻「みどり」

posted with
amazlet on 06.07.15

ジェネオン エンタテインメント (2006/10/25)

Amazon.co.jp で詳細を見る

吾輩は主婦であるDVD-BOX 下巻「たかし」

吾輩は主婦であるDVD-BOX 下巻「たかし」

posted with
amazlet on 06.07.15

ジェネオン エンタテインメント (2006/11/22)

Amazon.co.jp で詳細を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/04

HERO@ドラマスペシャル

舞台が、うちの地元の方・・・の更に田舎の方。
とはいえ、全然見た事のない景色ばかりか、他の地方の映像との組み合わせで、まったく見知らぬ世界。

演出が『西遊記』『不機嫌なジーン』等の澤田さんなので、テンポの良い物を期待してたけど、なんか急いで作りましたって感じの凡作。
良くも悪くも連ドラ時のテイストをそのまま。(あの演出は好きくない)
もっと、普通に撮ってくれればよかったのに。
 

そういえば、『不機嫌なジーン』も主人公は出身がこっちだったな。
スタッフに出身者でもいるのかな???

 

映像的にも、これって感じもなく、逆に違和感を感じるところも多く(田舎な割に大きな地検の建物、の割りに少ない職員とか)、廃れていない地方都市という設定こそあるものの、わざわざ地方で撮る意味合いも感じず(意味のないタイアップ映像が入る火サスや土ワイの地方物の方がよっぽどまし)、せめて地元贔屓で、あそこの海の碧さのわかるような、引きの映像が欲しかった・・・。
 
なんだかんだで、(やるかどうかはしらんけど)続編作りの下地の為の「繋ぎ」だったなぁ。
 

それにしても、中田の引退がニュース速報で流れるとは。
そっちの方が気になって仕方なかったです。
 
 
ちなみに「あごま」なんて干物は存在しません!
あの辺は、イシガキダイよりは、チヌ(クロダイ)の方がメジャーかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »