« 2006夏ドラマ@第1回 | トップページ | 映画『スーパーマン』@日曜洋画劇場 »

2006/07/22

映画『日本沈没』(新作)@雑感

『日本沈没』観てきました。(前作、原作は未見です)

広げた風呂敷が広過ぎて、包む物も大き過ぎて、上手く結べず、こぼれ落ちるし、中スカスカだし、穴開いてるし、壊れてるし、、、。

そんな感じでした。

どうもキャラクターに輝きがないというか、分散した主要キャラのシーンそれぞれが長過ぎて(実際には長くないにしても長く感じる)繋ぎが悪く、テンポとタイミングが売りの樋口監督らしからぬ出来。
嘘が嘘に見えてしまい、突っ込みどころも多数。
演出以前の、ストーリーや台詞回しも脚本が練り込まれていない感じ。

もっと主要人物を絞ってコンパクトに、名もない登場人物らを客観的に印象的に描いた方が、よかったんじゃないかなぁ・・・。

実際、主要人物よりは、ミッチー(今回もオイシイ役やなぁ)や飲み屋のグループ、実家の酒屋なんかの方が感情移入しやすかったし。
 

コレよりダメ映画もたくさんあるんだけど、期待が大きかっただけにちょっと残念。
『ローレライ』は好きなんですけど。ねぇ、、、。

ストーリーは変えようがないものの、いずれ、もっと研ぎすまされた編集の、完全版『日本沈没』が見れますように。
 

|

« 2006夏ドラマ@第1回 | トップページ | 映画『スーパーマン』@日曜洋画劇場 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

私も先日見てきました
今までにメディア化された中ではほぼ最低ランクだったのが実感です…… (ほぼ別格のラジオドラマ版を除くと、TV版 > 前作 >>>>>> 今作 くらい)

たしかに「くさなぎ君じゃぁ仕方ない」とはいえ、小野寺というキャラクタが全く生きていません。前作では「藤岡のだんななら仕方ない」とはいえ、くどいほどキャラクタが立っていたのに…… また、無理やり混ぜこんだ感があるんですが、物理とか化学の知識が必須なハイパーレスキューという役で「理科が苦手」ってのはどうでしょうねぇと。あと「トヨエツじゃぁ仕方ない」とはいえ、田所教授の変人ぶりが全くでて無い…… それでも「さすがは石坂浩二」といえる総理大臣が救いでしょうか。

んでもって、結末は感動させたいのだろうけども、「引っ張ってたゴムひもを、いきなり断ち切ったらどういう事なになるか想像したこと無いのか?」とだけ言い残しておきます。(にしても止めちゃうとは思わなんだ)

ちなみに現在ビッグコミックスピリッツで連載しているマンガ版は私は好きだったりします。

投稿: Niimi | 2006/07/31 23:36

ラジオドラマ版なんてあったんですか。
Wikipediaで確認したら、キャストが渋過ぎです。(聞きてぇ・・・)


スピリッツの漫画版、絵の好みはあるものの、分かりやすくて面白いですね。
自分も読んでます。
ブームが去って、○○編-完-・・・とか途中で打ち切りにならなきゃいいんですけど、、、。

投稿: おなか | 2006/08/03 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19763/11051364

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『日本沈没』(新作)@雑感:

« 2006夏ドラマ@第1回 | トップページ | 映画『スーパーマン』@日曜洋画劇場 »