« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006/12/12

NANA@月曜ゴールデン冬の特別ロードショー

全然期待してなかったですけど、そこそこには楽しめました。
とは言え、奈々(地に足付けろ!)も奈々の彼氏(はっきりしろ!)も横取りした女(ずるい!)も、絶対近くにいてほしくないタイプ。
なので、前半イライライライラ・・・。
まぁ、若さ故の行動や考え方なんでしょうけど、もっと筋を通せ筋を!
現実にもありそうな感じで、リアルっちゃあリアルなんで、生々しくて見るに耐えなかったのかも。
 

ナナの方は、筋を通そうとしても、気持ちの揺らぎが押さえきれない所に共感出来る部分はありました。
こういう古いタイプ、嫌いじゃないです。
 

気になったのは、TVなんでカットされてて劇場との違いもあるんでしょうけど、ラストはあんなにあっさり?なの?
音楽が絡む映画なんだから、音楽(ナナの歌)で締められていれば、あの続きを匂わす終わり方でもいいかなっとは思ったんですけど。
奈々は後半傍観者でしかなかったから、奈々自身に盛り上がりの無いまま終わっちゃったんで、なんかとにかく肩すかしな感じ。

自分だったら、奈々がフラれるまでを深く描いて、ナナがライブで歌うところで終わらすかなぁ。

全体的に、実写でやるなら、この映画をスタートラインにして、TVシリーズに落とし込んで、心理描写を深く描いた方が面白くなりそうな感じ。
あのキャストでは揃えられないし、映画も2でおしまいらしいので、ありえないんでしょうけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »