« 谷山浩子ソロライブツアー2009のアンコールとか@山口クリエイティブ・スペース赤れんが | トップページ | スペル@映画館 »

2010/01/04

仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイド MOVIE大戦2010@映画館

Dvc00300

観てきました。劇場に置いてあったパンチングのPOP(↑)、子供らに殴られ続けられていました、、、。

以下ネタバレ

 

 

 

 

 

 

 

『ディケイド』の方は、予想通りというか、夏にも増してグダグダな内容。

結局、夏の映画でリセットされた士の戦う意味や行動目的の具体的な明示はされず、「創造は破壊からしか生まれない」とか言いながら、破壊から生まれたものは“創造”ではなくて“再生”で、言葉の意味が履き違えられてるし、ショッカー側の描写も少なめ、ライダーも少なめ、敵もちょっと弱めで(ドラスが出て来たのはニヤリとしたんだけど)、夏のようなお祭り感もなく、パワーダウンな印象は否めませんでした。

墓穴の中にさらに墓穴を掘ったような感じ。

例えばディケイドも実は実体のないタックルのような存在にして、人の想いで存在出来るようなものにするとか、鳴滝をもうちょっとキーパーソンに仕立てるとか、ディケイドとスカルを対峙させて、Wと共通な部分を持ってくるとか、もうちょっとストーリーを練ってほしかったなぁ。

今からでも、最終回のラストを夏映画に繋げられるような物は作ってもらえんだろうかのう・・・。(ディケイドは記憶をなくしたショッカーの幹部というのが、やっぱりしっくりくる。)

 

でも『W』の方は、ありがちなベーシックな展開でしたが予想に反して面白かった。

吉川晃司が変身するライダーも『スカル』っていうのは、ウマいチョイスだなぁと。

最近テレビの方も初期に比べると、役者も作りも小慣れた感が出て来ていて、最初の頃に感じた違和感はなくなりつつあります。なんか良い方向に行ってる気がしないでもない。(そんなに熱心には見てないけど)

ただ、今回の『W』、スケール感からすると、ディケイドとの合流がなければ、TVでそのまま流しても、ほぼ違和感がない作りなので、ちょっと映画としては物足りない感じではありました。(スケール感がね)

 

|

« 谷山浩子ソロライブツアー2009のアンコールとか@山口クリエイティブ・スペース赤れんが | トップページ | スペル@映画館 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19763/47198524

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイド MOVIE大戦2010@映画館:

« 谷山浩子ソロライブツアー2009のアンコールとか@山口クリエイティブ・スペース赤れんが | トップページ | スペル@映画館 »