« スペル@映画館 | トップページ | アバター3D@映画館 »

2010/02/09

シンケンジャー@最終回

とうとうシンケンジャーが最終回を迎えた。

今まで戦隊モノは、仮面ライダーより格が落ちて、同じようなモチーフを数年でローテーションするマンネリ感、お約束なストーリー展開、低年齢向きな子供だましといった感じだったのが、今回は違ってた。

・キャラクターが、敵味方脇役に至るまで、全員色んな意味でイイ奴ばかりで、キャラがしっかり立っていた事。
・今までありそうであまりなかった、カクレンジャー以来の和物テイスト。(ハリケンジャーがあった、、、。まぁ、少なめのモチーフ(侍は初)と言う事で。)
・仮面ライダーとの競演や終盤の衝撃的な展開は、過去に例はなく。

子供だましどころか、ウソを大マジメにやりきる大人だましな内容で、出遅れも中だるみもぐだぐだな幕引きもなく、最初から最後まで、1年間楽しく見させて頂きました。

 

間違いなく、現時点で戦隊モノの最高傑作で、東映のヒーロー物の中でも屈指の出来だと思います。

寂しいなぁと思っていたら、吉本新喜劇と共演したり(放映とかソフト化の予定はないのか?)、6月にはVシネマで新作も見れるみたいで、1年後にはゴセイジャーと、なんかやるだろうし、もうしばらくは楽しませてもらえそう。

役者としても、殿・松坂桃李を始め、それぞれに好感度が高かったので、それぞれさらなる飛躍をして欲しいものです。(やっぱりさんま御殿とかに出てくるんだろうか・・・)

(追記)

作家の山本弘さんが、書かれている感想は、プロ目線でなるほどなぁといった感じです。

お帰りは↓へどうぞ。

山本弘のSF秘密基地BLOG
ありがとう、そしてさようなら『シンケンジャー』
http://hirorin.otaden.jp/e85566.html

|

« スペル@映画館 | トップページ | アバター3D@映画館 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19763/47518806

この記事へのトラックバック一覧です: シンケンジャー@最終回:

« スペル@映画館 | トップページ | アバター3D@映画館 »