映画

2011/07/09

魔女の宅急便@金曜ロードショー

Kiki_2

最初のお父さんのシーンで、ちょっとしんみり・・・。年取ったなぁ、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/24

スタンドライト@踊る大ドコモキャンペーン

こないだ当たったヤツが届きました。

大きさは高さ25センチぐらいで、大きくはないです。
光源は白熱電球ではなく、白色LEDが16個。エコではあるけど、雰囲気は出ないなぁ・・・。
単4電池3本で、AC電源は利用出来ず。

電池の持ち時間は、不明。大きさも小さく光源もやや暗め照射範囲も狭めという事で、実用的なスタンドライトとしては使えそうにありません、、、。

典型的なノベルティグッズといったトコロでしょうか。

Dscf0602

 

Dscf0604

 

Dscf0607_2

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/11

踊る大捜査線@THE MOVIE 3

観てきました。

ネタバレ含みます。

 

個人的には、映画の『1』が、それまでの流れの集大成的な作りになってしまって、それ以降の映画やスピンオフは、さらに大きくもなく、新しい流れにもならず、どうもな〜って感じで、今回もその線が断ち切れていない感じでした。

もしくは、昔好きなバンドやアーティストが久しぶりに活動再開したはいいけど、声が変わってしまってたり音楽センスが違ってて、もどかしい感じ。そんな感じ。

細かい所は、相変わらず面白かったりはするんですけど、脚本の詰めの甘さがとにかく気になりました、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "踊る大捜査線@THE MOVIE 3"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/06/21

劇場版TRICK(トリック)@霊能力者バトルロイヤル

ちょっと前に、ようやく観てきました。

今回の映画は、パート2の時の様なぐだぐだ感もなく、直前の新作スペシャルの様な無理感もなく、構成がしっかりしてて面白かった。

ギャグもそれなりに、後半の救いようのない展開は、霊能力の存在の事とか、

 

初期のTRICKっぽく、最終的にくだらない感じ(褒めてます)も、原点回帰な感じがよかったです。

Cocolog_oekaki_2010_06_21_01_49

そういえば、上田先生は最近ブログやってますけど、まだ続くという伏線?
それとも本を出す為だけ(勝手な予想だけど多分書籍化しそう)のもの?
気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/21

アバター3D@映画館

地元にある映画館が3D方式に対応したという事で、早速(アバター自体は上映から2ヶ月経っているので早速も何もないですけど)『アバター』を観てきました。

ちなみに劇場の席数は200席。前から4番目中央で、丁度スクリーン左右が視界いっぱいに入る位置。上下はちょっと切れる。吹き替え版で、3D方式はドルビー3Dでした。
映画の内容は・・・時間は2時間40分と長い割に、内容が直球すぎて、それなりに面白くはあったものの、何度も観ようという気は起きないような内容でした。

続編を作ろうと思えば、作れてしまうような作りだったので、個人的には内容を重視した続編が観たいかなぁ。

 

 

続きを読む "アバター3D@映画館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/05

スペル@映画館

ちょっと前になりますけども、サム・ライミ監督の『スペル』を観てきました。
原題が“DRAG ME TO HELL”(私を地獄に連れてって、とでも訳せばいいのかな?)。正直スペルという邦題は、的外れで失敗だと思う。
『死霊と婆さん』が内容的にもドンピシャなんだけど、それじゃ誰も観ないだろうなぁ、、、。

テイストで言うと『死霊のはらわた』のパート1ぐらい?パート2ほど、ふざけ過ぎでは無かったです。

なので、前半は割と怖め。婆さんも最初は、何やってくるか読めないので、最初に襲ってくるシーンは結構ハラハラドキドキでした。

だんだん話が進むにつれて、笑いどころ?が掴めてきて、ラストは伏線もしっかりと回収して、傑作ではないものの、B級ホラーテイストは存分に楽しめました。

個人的には、もっと婆さんの攻撃一辺倒の方がバランスが良かったとは思うんですけど、なんせB級ホラーですから。細かい事は言わない方が○。

なんとなく見てみたら、思ったより面白かった系~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/04

仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイド MOVIE大戦2010@映画館

Dvc00300

観てきました。劇場に置いてあったパンチングのPOP(↑)、子供らに殴られ続けられていました、、、。

以下ネタバレ

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイド MOVIE大戦2010@映画館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/05

カーズ@金曜ロードショー

今回初見。

ワンマンではねっ返りな主人公が、だんだんと周囲に打ち解け、分かち合う事、学ぶ事を覚えていく・・・
ありがちな話ではあるけれど、子供らが最初に触れるこの手の話という事であれば、そつのないよくできたお話でした。
よくある話故に凡作と評価する人もいるでしょうが、しっかりとツボを突いた丁寧な作りは充分に評価できると思います。面白かったです。

苦言を呈すなら、作品そのものではなくて、なんかCMの入る位置が、全体を通して中途半端な切れ目に感じましたが、どうでしょう。
(押尾学の逮捕状請求のニュース速報は、内容的に速報レベルかよって感じですが、後世の話のタネにはなりそう)

 

個人的には、やっぱりFIAT500に目が行ってしまいました。
チョイ役かと思ったら、結構登場してるし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/21

天空の城ラピュタ@金曜ロードショー

Cocolog_oekaki_2009_11_21_03_33

『何度目だラピュタ!』
・・・と言いつつも、何度も観てしまう。

個人的な宮崎アニメ、イチバンは『魔女の宅急便』だけど、対外的にオススメするならやっぱりラピュタ!
喜怒哀楽のバランスよい話の作り、当時の最高レベルの作画、耳に残る音楽・違和感のカケラもない俳優陣を含めたキャスト(初井言榮さん・寺田農さん巧過ぎ!)、とにかく、万人受けしやすい宮崎アニメの最高傑作だと思う。

ナウシカ以降、唯一、劇場で観てないのが本当に悔やまれる。(当時地元で公開されなかった、、、)

 

ラピュタのいいトコロは、一度観てしまえば、構える事なく、どんな途中からでも観てしまえるトコロ。

一カ所にとどまらない、同じ場所に還ってこないロードムービー風な作りだから、ちょっと場面を観ただけで、話の進み具合も一目で分かるし、見せ場もてんこ盛り。

伏線もきっちりあるくせに、世界観もかなり作り込んであるのに、話は割とオーソドックスといってもよい“ボーイズ・ミーツ・ガール”物。

だから、肩肘張らずに、すっと作品の中に入っていける。「観るぞーっ!」て構えなくても、CMが入ろうと、時間の関係でカットはされてたとしても、間に風呂に入ろうとも、レコーダーの追っかけ再生で多少早回しで観ようとも(←すいません、今回そうしました、、、)、『ラピュタ』は観ちゃうんです。

『何度目だラピュタ!』なんて書きましたが、本当は『何度でもラピュタ!』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/13

映画『TRICK(トリック)』パート3@映画化!

http://www.yamada-ueda.com/

Cocolog_oekaki_2009_11_13_00_56

やっぱり仲間友紀恵は、ヤンクミではなくて、山田の方がしっくりくる。

個人的には、映画パート2はいまいちだったので(パート1でやり尽くした感じもする、、、)、なんとかその消化不良加減は解消してほしいところ。

サブタイトルが『霊能者バトルロイヤル』、監督の堤幸彦繋がりで、20世紀少年のパロディとかあったりするといーなー。

で、映画もいいけどやっぱりテレビシリーズが見たい!

テレビ版パート3のようなマイルドなものではなくて、続く度に、ゆるく、だるだるになってるので(あれはあれで味はあるけど)、原点回帰、パート1みたいに毒の強いのが欲しいです。

なので、やるならゴールデンタイムじゃなくて、深夜ドラマ枠で。そこのところ、編成の方、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧